この記事の所要時間: 337

ローコストに家を建てる

家を建てるというのは、人生最大の買い物と言われています。
数千万円する買い物ですから、しっかりとした計画を行い購入しなければ、失敗してしまいます。
当然ながら質の高い家づくりというのは当然ですが、その中でもローコストに建築費を抑えたいと誰もが思うはずです。

当サイトでは、ローコストに家を建てるという部分に焦点を当てて情報を配信していきます。
単にローコストにするだけではなく、いかに質の高い家づくりが出来るのか。
それは、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所など、業者選びが非常に重要だと言い切れます。

業者を探すだけという行為ですが、時間をかける人は半年以上に渡って、注文住宅の業者選びを行います。
その位大切な事なので、ぜひ妥協する事なく業者を選んでほしいと思います。

気になる建築費は?

ローコストにしたいと言っても、平均の建築費がいくらか?という部分を知らなければ、費用を安く抑える事も出来ません。
そのため、家を建てる際の費用というのをしっかりと把握しておく必要があります。

家づくりに必要な建築費というのは、地域や規模によっても異なります。
しかしながら、おおまかな費用というのが存在するというのは事実です。

幅を言えば、建築費用だけで言えば(土地代を含まない)1,000万円から数億円の建築費と言えます。
注文住宅にて完全オリジナルで作成するには、2,500万円から3,500万円程度が必要となります。
そこに土地代が含まれるわけですから、非常に高額な費用になるわけです。

ローコストにするには?

ローコストに抑えたいという人は、まず建築費の最低ラインである1,000万円を目指してみると良いでしょう。
最近では1,000万円台から造る家づくりに特化した会社というのも多く営業されています。
安いからと言って質が低いわけではなく、長期優良住宅に対応しているなど、質にも拘っています。

建築費を安くするために、様々な部分の経費を削減している企業努力があるわけです。
メリットがあれば、デメリットもありますので、しっかりと把握した上で検討する必要があります。

当然お金をかけた分だけ、自分の思い通りの家づくりをする事が出来ます。
ローコストにすると、出来ない部分も出てくる可能性があります。
妥協出来る部分と出来ない部分があると思いますが、業者と打ち合わせをしなければなりません。

業者によっても提案は異なります。
依頼主の要望をヒアリングして、建築費を抑えるかという提案をしてくれるかが担当者によっても変わってきますので、業者選びというのは非常に重要な事です。

どんな業者に依頼すれば良い?

ローコストと建築費を抑える事も重要ですが、価格ばかりに目が行ってしまっては失敗してしまいます。
長年住み続けるわけですから、後悔しないように計画は妥協する事がないようにしてください。
その事を頭に入れた上で業者選びをしましょう。

まず注文住宅を依頼出来る業者は「ハウスメーカー」「工務店」「建築設計事務所」の3つがあります。
それぞれにメリット、デメリットがあり、一概にどこが良いという事は言えません。

モデルハウス、見学会などに積極的に参加をして、実際に家を見てみる事をオススメします。
業者によっても提案が異なりますので、どんな家を建てるのかというのは実際に知っておく事は重要です。

また、複数の業者に見積もり依頼や資料請求などするのも良いでしょう。
一括見積もりサイトを利用する事で、簡単に比べる事が出来ます。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン