この記事の所要時間: 89

注文住宅のエアコン

家を建てる際には、エアコンを何台か設置する事になります。
エアコンは注文住宅業者に任せきりになると、損をしたりトラブルになるケースもあります。
今回の記事では、注文住宅でエアコンの取り付けをする前に知っておきたい事をテーマに記載していきます。

室外機の設置位置

注文住宅を建てる際に取り付けるエアコンは、1台だけという事は稀です。
つまり、複数台のエアコンを導入して、それに伴うだけ室外機の設置をします。
室外機というのは1台だけであれば設置に困ることは少ないのですが、複数台をまとめて設置すると意外とスペースが必要になります。

室外機を設置するためには単純なスペースだけでなく、住宅の見栄えや隣りの家へ直接吹き付けないような位置を考えなくてはなりません。
そこで大切なのが、住宅の設計段階から室外機の配置スペースを用意しておくという事です。

更に注文住宅では、多くの場合で2階建て以上になります。
2階にもエアコンを設置することが一般的になりますが、この場合の室外機の配置についても考える必要があります。
屋根やベランダなどに取り付ける事が可能ですし、1階に降して設置する事も出来ます。
電気的な効率や建物の見た目や稼動音など、バランスと取って設置位置を決めて行く事が大切です。

また、長期的に稼働させているとメンテナンスが必要になる事も当然あります。
メンテナンスの際には、プロの方にお任せする事になるとは思いますが、極端に作業しにくい形での取り付けは避けた方が無難でしょう。

注文住宅ではこうした部分も考慮して設計する事が出来ます。
細かい部分ではありますが、しっかりと相談して最適な設置位置を用意すると、長く安心して住める家になります。

エアコン取り付けの価格

エアコン取り付けの価格はお願いする業者によってまちまちです。
基本的に工務店などに頼んだ場合だと割高になる傾向があります。
というのも、電化製品については工務店は専門家ではないため、エアコン本体の価格が高くなりがちなのです。

大抵の場合は、エアコン本体の購入と取り付け工事はセットで行うことになると思います。
また、注文住宅で新築ですから取り付けするエアコンの台数は1台という事はないでしょう。
すると何台も高いエアコンを購入することになりますから、割高感は強くなります。

更に工務店やハウスメーカーが、スリーブ穴を空けて取り付け工事を行う場合は1件あたり3万円前後かかります。
もちろん業者によって価格は変動しますので、これより安い場合もありますが、例えば4部屋に取り付けを行えば10万円オーバーの費用がかかってきます。
家を建てるのにかかる費用から見れば少額のようですが決して安くありません。

一方で家電量販店で購入した場合だと本体価格がとても安くなります。
更に取り付けの際のスリーブ用穴を空ける作業は、無料サービスしていることも多くとてもお得です。

工務店やハウスメーカーでは、1件3万円かかっていた事を考えると破格です。
取り付けが無料なことに加えて、本体価格も安いのですから大きな差になります。
単純にエアコンを取り付ける際にかかってくる費用だけでみると、圧倒的に家電量販店が安いでしょう。

更に本体価格の安いインターネット通販などを利用する場合もあるかもしれませんが、この場合は取り付けの専門業者に依頼することになると思われます。
工賃までトータルで考えると家電量販店で購入した方が良いケースが多くなるでしょう。

エアコン取り付けのトラブル

エアコンの取り付けはトラブル発生率の高い作業になります。
特にトラブルが発生しがちなのがスリーブ用の穴を空ける作業です。

エアコンを取り付ける際には配管を通すために壁に穴を空ける必要があります。
この時に、建物の構造に詳しくない業者の場合だと、柱や筋交いを損傷してしまう可能性も考えられます。

これは完全に施工上のミスなのですが、作業にしっかり立ち会っていないと気付くことは難しいでしょう。
実際に施工ミスをしても作業中に気付けなければ、穴は隠れてしまうためエアコンの取り替え時まで判明しない事もあります。
本来であれば、壁に穴を開けた時点で柱に気付き穴を修復して別の場所にずらすという事ができます。
業者によって、しっかりと対応してくれる場合と隠してしまう場合があるわけです。

特に筋交いの損傷は家の強度に大きな影響が出ます。
損傷の度合いや家自体の構造によって影響の大きさは異なりますが、以前と同様の耐久力に修復する事はとても難しく大規模な修復が必要になります。
そのため、施工ミスを隠してしまう業者が多いのです。

また作業員の知識によっては、重要な構造部材に穴を開けてしまったことにすら気付いていない事もあります。
工務店に作業してもらう場合はこういったミスはまずありえませんが、取り付け専門の業者は家の構造についての知識はないのです。

更にこのスリーブ用穴のトラブルは柱に傷を付けてしまうという事以外に、勾配の付け方に問題がある場合もあります。
エアコンは温度を調節するものですから、配管を通すルート上では温度変化が起こります。
すると結露をして水が穴に貯まってしまうのです。

これを防ぐためにスリーブ用の穴では、外壁側に向けて勾配をつける事で水が貯まるのを防いでいます。
しかし、施工時にしっかりと勾配をつけていない場合は、結露水が貯まります。
防水対策をしっかりと行っていなければ、当然その部分は継続的にダメージを受けることになります。

こうしたトラブルを避けるためにも、しっかりとした知識を有した業者へ依頼すると良いでしょう。

どこで取り付けを行うべき?

エアコンの取り付けを行う際に注文住宅だとハウスメーカーや工務店に作業してもらう事も多いと思いますが、それ以外の選択肢も考慮してみるべきでしょう。
具体的にはハウスメーカー・工務店の他に、家電量販店で購入とセットで取り付けを行ってもらう方法や、取り付けの専門業者に依頼するといったケースがある事は取り付け費用の際に触れました。

いずれの方法を選択するとしても、まずは住宅の間取りを決定する時点で、エアコンの設置位置は確定してしまうのが良い方法です。
実際に工務店などにお願いしない場合でも、エアコンの取り付け位置を決定しておけば、設置の際の取り付け工事で手間取る事がありません。

既に紹介したように取り付けを行う業者によって価格はまちまちです。
エアコンの取り付け業者は、取り付けを行う事が仕事であるため、建物の構造についてのプロフェッショナルではありません。
そのため、壁に穴を空ける際のトラブルは、工務店などと比較すると格段に起きやすくなります。
だからと言って取り付け作業などを全て工務店にお願いする場合は、取り付け工賃が割高になるためトレードオフの関係にあります。
家に絶対傷を付けたくないという拘りを持っている人は少し工賃が高くなりますが、工務店やハウスメーカーで取り付け工事を行ってもらった方が安心です。

家電量販店でエアコンを購入すると取り付け工事サービスなどを行ってくれますが、この取り付け工事の作業員の腕ははっきり言ってピンキリです。
上手な人はとても丁寧に作業してくれますが、場合によっては本当に知識のない人が作業することもあります。
また業者によっては、作業スピードを最優先としている場合もあるため、多少柱に傷がついても良いと考えている業者もある位です。

エアコン設置場所を最初から決めていて取り付けの業者にお願いする場合は、スリーブ用穴を空ける際の参考に家を建てている段階で、壁の内側の写真を撮っておくことをオススメします。
実際の取り付け工事を行う際に作業員に写真で柱の位置を確認してもらいましょう。
こうすることで、スリーブ用穴を空ける際に柱に穴というトラブルを防ぐ事が出来ますし、工賃も安価に済ませる事が出来ます。

恐らく家電量販店で購入して、柱の位置を避けるための資料を用意した上で取り付け工事を行ってもらうのが一番コストパフォーマンスが高い方法になります。
後からエアコンの取り付けを行う場合は、この手法は使えませんので注文住宅だからこそ活用できる方法です。
家電量販店での取り付け工事を行っているスタッフは建物の構造に対しての知識は浅いものの、取り付け工事そのものは手際よく進めてくれるため、こちらで危機回避をして上手に利用するのが良いでしょう。

エアコン以外の設備

エアコンは生活する上で欠かせない設備となっています。

もちろん注文住宅では、このエアコンの設置について考える必要がありますが、エアコンだけでなく温水暖房やそもそも断熱性を高めた素材を使うなどの方法で、快適な生活をサポートする事が出来ます。
こうした設備は、注文住宅では予算が許す限り力を入れる事が可能です。
もちろんエアコンも利用するとは思いますが、それだけに頼らない設計をする事も良い選択と言えるでしょう。

この他、エアコンの1種ですが全館空調という選択肢もあります。
通常のエアコンと一長一短ありますが、場合によっては全館空調を導入する方もいます。

業者を比べる

前述でも記載した通りですが、業者によっても価格や工事の質は異なります。
人それぞれの家によっても、合う・合わないと言った業者が出てきます。
そのため、必ず複数の業者と比べるようにしましょう。
色々な業者を見る事で、より自分に合った業者を選択する事が出来るようになります。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン