この記事の所要時間: 1137

注文住宅の選び方

注文住宅を購入しようとすると、1から10まで、取捨選択は全て自分達に委ねられます。
どんなお家になろうとも、それらは全て自分達次第。
出来る限り失敗しないように、注文住宅にまつわる色々な『選び方』のコツを紹介していきたいと思います。

最初の関門!施工業者はどうやって選ぶ?

一口に施工業者といっても、実は色々あるのです。
どのタイプの業者で家を建てるのかがまず一番初めの選択肢ですね。
それぞれの特徴を確認していきましょう。

施工業者のタイプ別メリット・デメリットで選ぶ

工務店

工務店のメリットはかなりコスパが良い事。また、地域に根差した経営理念で親身に相談に乗ってくれ、かなり融通が利きやすいです。
良い工務店に当たれば、とてもお得にマイホームを建てる事ができるでしょう。

デメリットとしては、規模が小さい会社ほど評判が分からず、腕の悪い職人に当たったら全てがパーという事も。
最悪の場合、工事中に倒産してしまう会社なんかもあったりします。
工務店は会社の見極めが重要ですね。
また、ローン等の手続きに関しては、こちらがある程度の知識を持っていないといけないのもハードルが高いところ。

ハウスメーカー

トータルして安定しているのがハウスメーカーですね。
こちらに知識がなくとも、分かりやすく、テンポよく進める事が出来ます。
住宅展示場も沢山あり、明確なモデルイメージがしやすい事と、気軽に入って相談出来るのもメリットと言えます。

デメリットは会社規模が大きい為、色々と維持費がかかり高額になりがちなところ。
また、ある程度固定の住宅プランがあるため、オプション追加で金額が跳ね上がります。

建築設計事務所

「唯一無二のこだわりの家を実現!」となれば、一番思い通りの家づくりが出来るのが、この建築設計事務所です。
最もデザイン性に優れた家を建てる事ができるでしょう。
また、特殊な条件の土地に家を建てる技術もかなり優れているようです。因みに設計は建築設計事務所が行いますが、施工は別の工務店になる事も特徴です。

デメリットは、全てを通して建築家の人間性に大きく左右されてしまう事。お互いの価値観がズレていると仕上がりに大差がでます。
自分に合った建築家をいかに選ぶかが重要ですね。
また、金額にブレがでやすく、予算を伝えていても後になって金額が大幅にUPしていた、なんてこともよくあるとか。
以上の特徴を把握して、安く抑えるなら《工務店》、安心して任せたいなら《ハウスメーカー》、こだわりの家を追求するなら《建築設計事務所》といった風に、自分に合った業者を選ぶのが大切です。

注文住宅業者の選び方のポイント

施工業者を選ぶ際、業者の特徴だけではなかなかピンと来ないですよね。
まず自分達がどういう家に住みたいか、というイメージを明確にするためにも、一度は大手の『住宅展示場』に足を運ぶことをオススメします
家のイメージがある程度固まってから業者を選んだ方が、選択肢が少なくなって楽ですよ。
まず、家を建てようと思った時、おそらく誰もがどんなに抽象的でも「こんな家がいいな」という希望があるのではないでしょうか。

例えば、「洋風の家がいい」とか、「スタイリッシュで現代的な家がいい」とか。
少しでもこういったイメージがあるのなら、「あそこも、ここも」とむやみに見学してみるのではなく、ある程度自分の好みに合いそうな家をあらかじめ5~6軒ほどピックアップしてから見学しましょう。

人は沢山の選択肢があればある程、逆に選べなくなってしまうもの。
こんなにも重要な買い物を、あふれかえった情報の中で混乱したまま選択してしまうと、「こんな家に住みたかったんだっけ?」と、あとで後悔する事にも繋がりかねません。
『選択肢を常に必要最低限に絞っておく』というのは、今後全てに言える事なので、しっかり覚えておきましょう。

どこに建てるか?土地選びで失敗しないコツ

土地の選び方

「駅や学校、大型スーパーも近くて便利そう!」なんて、条件だけで見るととても良い立地に思える土地がありますが、なぜそんな良い土地が余っているのか不思議ではないですか?

勿論掘り出し物である可能性も高いですが、それなりの理由があったりもします。
どんなに良い家を建てても、土地が悪ければ何の意味もありませんよね。
目先の情報だけで失敗しないよう、土地選びは慎重に行っていきましょう。

昔と名前が違う?土地の名前を知っておこう

今希望している土地が新興住宅地であったり、数年前に市町村合併などで『見栄えの良い名称』に変更していた、なんて事はないでしょうか。
土地の名前って、実はすごく重要なんですよ。
昔の人が、その土地の特徴を一言で表したものを『地名』として教えてくれているわけですから、本当はむやみに変えてはいけないのに、それでも変えた事には何らかの意図があったりするのです。

例えば、一般的に『水』や『さんずい』の付く地名は、その土地が昔、池や川などの水辺であった事が多く、埋め立てられていた場合は地盤が非常に緩い可能性があります。
また、『蛇』や『龍』とつく地名はそれらの動きに例え、土砂崩れしやすい土地であるとも言われいたりします。

このように、災害の起きやすい場所をきちんと先人が教えてくれているので、地名調査は怠らず入念にしておいた方が良さそうですね
地震や洪水などの災害も怖いですが、地盤が緩いと補強工事で数十万~数百万程のお金がかかるため、注意が必要です。
横文字や、明るい印象を持たせる地名は特によく調べた方が良いでしょう。

田んぼも危険?古地図を確認しよう

地名が普通でも、過去その土地が田んぼの場合は要注意です。
こちらも地盤が緩い可能性が高いので、地名に続いて『古地図』も調べておきましょう。
その地域の図書館に行けば、古地図を閲覧する事が可能ですよ。
地域の特性を知るためにも、一度は確認しておきたいですね。

現状から見えるその土地のいろいろ

現代を生きる者として『駅近』は非常に魅力的ですが、意外な?落とし穴として『騒音』があります。
私の実家がとても駅から近いのですが、これがとにかくひどい騒音でストレスです。
気候のいい時期に窓を開けておくと、うるさくてテレビの音も聞こえません。
また、大きな道路に面している場合も同様ですね。
アクセスだけ気にしていると、一生騒音や排気ガスに悩まされることになってしまいますよ。

あとは、近隣住民の調査もしておいた方が良いでしょう。
その土地に出向いて、住民から話を聞いてみる事も大切です。
ややこしいご近所さんがいる場合、後のご近所トラブルを考え、諦めた方が無難かもしれません。

注文住宅における内装の選び方

内装の選び方

ようやく家そのものの話題、内装についてです。
ここは、ぜひこだわりたいポイントとなっています。
壁紙や設備の選び方について見ていきましょう。

無難にする?奇抜がいい?壁紙の選び方

部屋のイメージがガラッと変わる壁紙ですが、それゆえ選び辛いですね。
業者さんから、実際に壁紙を張り付けた分厚いカタログを貰いますが、これがかなり小さくて、部屋全体をイメージするにもなかなか難しいものがあります。

そこで、ここはやはり実際にモデルルームを見に行ってみて下さい。
横一面だけや、天井だけ壁紙を変えるといったアクセントをつける手法を学んだり、トイレ等の暗めの照明だと壁紙の色が違って見える事も分かると思います。
大まかな雰囲気を掴むためにも、一度は足を運びましょう。

また、金額面で選ぶ事も大切ですね。
一軒分だと壁紙だけで数十万かかるため、削れるところは削っていきます。
我が家では3冊程カタログを渡され、「こっちが平米単価500円、こっちが1000円」と言われました。(施工業者により異なります)

安い方が『量産品クロス』といって、単純で無難な白っぽい柄が多いです。
高い方は『一般クロス(1000番台)』といって、カラーや特殊加工、デザイン性が高いのが特徴。
全室1000番台にしてしまうと金額が跳ね上がりますので、こだわりたい部屋のみのアクセントとして使用するのもいいかと思います。

因みに、壁紙によって防水加工や消臭加工といった用途に合わせて選ぶ方法もありますが、実際そこまでの効果は期待できないので、ここはそれほど気にしなくても大丈夫です。
「トイレにこの壁紙を使いたいけど、防水加工じゃないし…」と、諦める必要はないですよ。
念のため業者さんに確認してみて、OKの場合はどんどん好きなものを使いましょう。

キッチンは金額よりも使いやすさが一番

これは絶対にカタログだけで決めず、メーカーのショールームを見に行って下さい。
お店の方の意見はとても参考になりますし、流し台の高さなどは自分の身長にあったものにしなければ、後々『腰痛』の原因にもつながります。
因みに今現在の身長だけで考えず、老後は多少身長が縮んでしまう事もお忘れなく。

そして、キッチンの種類にも色々あります。
一般的なオープン型や、お店の厨房を思わせるクローズド型、パーティ好きならアイランド型なんかも良いですね。
また、見栄えだけでなく収納も大事なポイントと言えます。
我が家は解放感を意識して『オープン型・吊戸棚無し』にしましたが、その分パントリー(食品庫)を設け、収納を確保しています。

設備内容に関しては、換気扇や流し台の掃除が楽なものが増えてきていますので、ここはあまり金額面で妥協せず、使いやすいものを選びたいですね。
備え付けの食器洗浄乾燥機もやはり値が張りますが、結果的に節水になり、皿洗いの手間を考えると付けておいた方がお得です。

コンロはオール電化にするかどうかでも変わってきますが、IHとガスどちらも経験した私個人としては、やっぱりガスが使いやすいし、ライフラインを一つに絞りたくないという思いもあって、ガスコンロを選択しました。
使い勝手に大差ないという意見もありますし、ここはやはり個人の好みの問題ですね。
因みに契約時に聞いた話では、オール電化にした方が光熱費は安く済むとの事だったので、こちらも重視すべき点だと思います。

こだわるべき?お風呂とトイレの選び方

こちらもまずはショールームへ見学に行きますが、実際そんなに種類はないので選びやすいかもしれません。

まずトイレですが、タンクの有るトイレと無いトイレがあります。
タンクレスのメリットはその分部屋が広くなりますが、手洗いは必ず別で必要になるのでそれほど意味がありません。
また、水圧の関係で設置できない場合も無きにしも非ずな為、よほどタンクレスが好きという人以外には無難にタンク有りをおススメします。

次のポイントは掃除のしやすさですね。
やはり汚れやすいので、手軽に掃除出来るタイプがいいでしょう。便器に溝がなく、便座シート一拭きでキレイになるものや、タンクと便座に隙間が少なく、ゴミがたまりにくくて掃除が楽といった商品もあります。
ただし、それぞれメーカーによって特色が異なり、一長一短であるため、どこを重視するかは自分で座って、触れて、判断するしかないですね。

お風呂についても同様で、ユニットバスの場合、背もたれが丸いお風呂は節水タイプではなかったり、床に特化したものは排水溝の掃除が他のものに比べるとやや手間だったりと、特徴が異なります。
因みにうちの家族はそれほどお風呂好きでもないので、そこまでのこだわりは持たず、『掃除しやすく節水』である事を基準に選びました。
「お風呂が大好き!」という人以外は、少し金額を抑えられる設備でもあるので、家族と相談して、まず「こだわるか・こだわらないか」を決めた方がいいですね。

最後に、水回りを全て一つのメーカーで統一すると割引されるキャンペーンもありますが、これだけを意識して揃えると失敗しがちです。
水回り全てにおいて、そこのメーカーの特色が気に入っていれば問題ないですが、やはり分野によってメーカーにも『得意・不得意』がありますし、購入時の微妙な安さのみで一生の使いづらさを取るのはかなり危険だと言えますね。

その他の設備について、我が家の場合

最後に、我が家で検討したその他の設備について紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

太陽光発電について

なんとなく設置したかったのですが、うちの地域が豪雪地帯である事と、導入金額に数百万かかる事で結果的に利益は出ないと判断し、断念する事になりました。
屋根の形によっては導入できない場合もありますし、日中に電気を使う人は充電できず、結局無駄です。
導入は慎重に考えた方が良いでしょう。

パネルヒーターについて

お年寄りなどが冬場お風呂に入ろうとした際、部屋との温度差による突然死がおこる場合がありますよね。
そんな危険を防ぐのがこのパネルヒーター。
24時間、各部屋に設置されたパネルにお湯を循環させ、家中どこでも常に一定の温度を保つという特徴があります。(お湯と言っても特殊な水の為、別途水道代は必要なし)

室温を逃がさないよう、高気密高断熱の家でしか取り付け出来ませんが、これが非常に快適です。
冬場のみ電気代は高くなるのですが、年間で均すと意外と安く収まります。
なんと我が家では、狭いアパート時代よりも逆に電気代が安くなったほど。
さらに灯油代も不要ですし、洗濯物も早く乾いて一石何鳥分もメリットを感じます。
「寒い地域ではない・高気密高断熱の家ではない」という人には向きませんが、当てはまる方にはぜひおススメしたい設備ですね。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン