この記事の所要時間: 236

注文住宅引き渡しの際の注意点

設計と施工の長い期間を終えると、待ちに待った引き渡しの瞬間が来ます。
待望の注文住宅に住めるようになりますので、気持も高揚していますし、建設に携わった人たちへの感謝の思いも生まれていることでしょう。
しかし、注文住宅の引き渡しの際には、いくつかのことに注意する必要があります。

仕上がりについてしっかりとチェックをする

引き渡しが済んでしまうと、基本的にその時点での状態で満足したという意思表示になってしまい、その後に確認された不具合などは自分たちの責任で修復しなければならないというケースもあるからです。
もちろん、良心的な会社のほとんどは、入居が済んだ後に見つかった不具合に対応してくれるものですが、引き渡し時にその点を指摘していれば余計なトラブルを抱えなくて済む事になります。

それで、工事が完成したら、建設会社や行政による検査とは別に、自分たちでしっかりと仕上がりや設備の状況についてチェックを行うと良いでしょう。
壁や間仕切り、家具などに傷がついていないかを見るのはもちろんのこと、扉の開閉の具合や設備がしっかりと作動することなどを確認するようにしてください。
また、全ての手続きがしっかりと滞りなく終了しているかを確認することも大事です。
必要な手続きや書類のリストをチェックしていき、全ての処理が終わっているかを実際の書類を見ながら確かめましょう。

住宅ローンなどの費用面での確認を済ませる

注文住宅の引き渡しには、建物自体の受け取りだけでなく、住宅ローンなどの費用面でのやり取りも含まれます。
引き渡しと同時に、工事の残金を支払うことが多いので、必要なお金をその時までに準備しておけるように、銀行の担当者と話し合っておくようにしましょう。
どのような形で支払いがなされるのか、建設会社からの受け取りの証明はどのような形でなされるのかなどを、トラブルにならないように事前に確認しておくことが大事です。

特に、注文住宅の場合は、住宅ローンだけでなく、つなぎ融資を受けるケースが多いので、今までに支払った金額と住宅ローンで支払われる分のバランスなどを最終チェックして、間違いのないようにしておきましょう。
その際には、関係書類を建設会社だけでなく、金融機関の担当者にも見てもらい、正確な数字となっているか確認してもらうのが良いと思います。
この書類によって、ローンの支払いや税金の額などが変わってきますので、間違いがあると大変です。

引越しの手続きを進めておく

注文住宅の引き渡しが近づいた際の注意点として、引っ越しをどのようにするかを考えておくという場合もあります。
出来る事であれば、引き渡しの後すぐに引越しにかかれるのがベストですから、引き渡し日が決定したら、引っ越し会社と話し合いを始めると良いでしょう。
また、新居にふさわしい家具を新しくしたり、電化製品を買い替えたりする場合もあると思います。
新居への配送なども決めておき、すぐに新しい環境で生活を始められるようにしっかりとプランを練っておいてください。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン