この記事の所要時間: 234

注文住宅のカーテンにかかる費用

注文住宅を建てるのであれば、新居にふさわしい様々な設備や備品を購入する必要があります。
そのうちの一つがカーテンです。
一つ一つの窓の大きさやデザインに合わせたカーテンが必要ですし、部屋ごとに雰囲気を変えたいのであれば、カーテンの生地や作りにも工夫する必要があるでしょう。

注文住宅のカーテンの選び方は?

注文住宅の場合には、既製品のカーテンを持ってくるよりも、専門店にカーテンをオーダーする方が良いでしょう。
寸法も窓に合わせてぴったりにする事が出来ますし、なにより新居にふさわしいデザインのものを要望に合わせて作ることが可能だからです。
カーテンの種類によってだいぶ部屋の雰囲気が変わりますので、家の間取りやデザインを設計するように、真剣にカーテンも選ぶようにしたいものです。

カーテンの費用はどの位かかる?

カーテンの価格は、生地の種類やオーダーの仕方によってずいぶん変わります。
たとえば、一つの窓の付けるための既製品であれば、安いと3,000円くらいで購入できます。
しかし、完全にオーダーメイドしてもらうと、少なくても1万円はかかるでしょう。
それで、予算を考えながら、どのようなタイプのカーテンにするかを、設計の段階から考えると良いでしょう。

オーダーメイドの中にもいくつかの段階があります。
一番安くオーダーできるのは、セミオーダーと呼ばれるものです。
生地の種類や縫い方などは決まっていて、窓の大きさに合わせて高さや幅を変えるだけというものです。
一つの窓あたり5,000円から10,000円ほどとなります。
指定されたカーテンの中に気に入ったものがあれば経済的にオーダーする事が出来ます。

生地の質や作りによってもかなり値段が異なる

セミオーダーに対してフルオーダーとなると、生地も縫い方、デザインも好きなように指定する事が出来ます。
このフルオーダーの場合であれば、生地と仕上げ方によってかなり値段が変わってきます。
一般的な生地と仕上がりにするのであれば、10,000円から15,000円ほどとなるでしょう。
一方、金糸が入っているなど高価な生地を使い、凝った縫い方をするのであれば、一枚20,000円、30,000円とすることもあります。
どうしても高価な買い物となってしまいますので、全体の予算を見ながらバランスよくオーダーを出すようにしましょう。

また、部屋によってオーダーの出し方を変えることも可能です。
お客様を迎える応接間や家族が集まるリビングなどは、家の顔とも言えるところですので、フルオーダーで好きなようにデザインする事が出来ます。
それぞれの寝室などは、費用を抑えるためにセミオーダーにするという手段もあるでしょう。
凝った作りのフルオーダーとなると、出来上がりまで時間がかかり、3週間以上待つこともあります。
そのため、カーテンのオーダーの仕方やデザイン、予算などを十分前もって計画して、新居の引越しに合わせられるようにしましょう。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン