この記事の所要時間: 231

注文住宅の契約前に確認する事

注文住宅は、それぞれの希望を細かく反映した家を造れるというという事がメリットですので、しっかりとその希望を聞いてもらって、要望通りの家になるかを確認しなければなりません。
ほとんどの住宅メーカーは、本契約前に設計の見本を作成して、それで良いかどうかの確認を施主と行うものです。
もちろん、この見積もり設計は無料で行う所がほとんどとなっています。

予算と設計プランをチェックする

最初の段階で引かれた設計図を基に、細かい設備配置やデザインの詳細が決められていきます。
それで、設計士が提出してくれた設計図をしっかりと確認して、希望通りの家となっているかをチェックするようにしましょう。
細かい所であれば後からでも変えられますが、間取りなどの変更は施工が始めると不可となってしまいますので、しっかりと確認する必要があります。

また、予算についても確定金額をチェックするようにしましょう。
あくまで見積もりなので、施工を進めるにあたって金額が上下することがある、と言う事を言う建設会社には注意する必要があります。
しっかりとした見積もりを出してもらい、その金額で正確に工事を終了出来るかどうかを確かめましょう。
また、建物の建設費用と外構工事の費用は詳細が別となっている事も多いので、外構工事も含まれた価格となっているかのチェックも欠かせません。

必要な書類と手続きのチェックも怠らない

住居を建てるという事には、色々な手続きや提出書類が必要になってきます。
契約前に、どんな手続きや書類が求められるのか、どこまで施主側で行うのか、ハウスメーカー側で全て代行してくれるのかなどを確認するようにしましょう。
意外と沢山の手続きがあり、煩雑なものもありますので、会社側で出来るだけやってもらえると大変助かります。
また、それなりの費用がかかる書類などもありますので、そうした書類作成のための費用は見積もりの中に含まれているのかどうかも確認するようにしましょう。
出来れば必要な手続きと書類の一覧を作ってもらって、リスト化すると確実にすべての処理を行う事が出来て、効率よく進められます。

工期などの日程に関する確認も行う

契約前に確認したい事として、工期やどんなプロセスで施工がなされていくかなどがあります。
いつの時点で工事が完了するかによって、家具の購入や引越し会社への依頼、転居のための役所への手続きのタイミングなどが変わってきます。
もちろん、色々な事情で工期がずれ込む事がありますが、出来るだけ細かい予定を確認するようにしてください。

また、万が一工期が大幅に遅れてしまった場合などは、何らかの補償があるのかなども確認する事をオススメします。
引越しのキャンセルが生じたり、もし転居までアパート暮らしをしたりしているなら、工事の遅れによって損害が生じる事もあるからです。
契約書の中にこうした事項が含まれているかをチェックしましょう。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン