この記事の所要時間: 711

注文住宅を建てる時の流れ

人生に何度もない大きな大きな買い物。夢のマイホームです。
自分や家族の思うまま、一から十まで好きなように設計できる注文住宅を建てる際の基本的な流れを解説していきます。

注文住宅の契約までの流れを知ろう

注文住宅の契約までの流れについては下記の通りです。

どんな家にしたいか?イメージを掴もう

家を建てたいと思ったなら、誰しも漠然とした「こんな家にしたい」というイメージがあるのではないでしょうか。
「洋風のお家がいいな」とか、「これくらいの予算で」とか、家自体や、金額面で構想があると思います。
いかに実現するか、まず自分達の中でイメージを膨らませておくことが大切です。

注文住宅の業者を探そう

自分達のイメージが広がってきたら、次は注文住宅の業者を決める為の情報収集です。
一番単純な方法としてはモデルルームを回ってみる事ですね。
インターネットや雑誌で見てみる事も良いですが、実際に住宅展示場を回って見て、営業担当の方と話してみると自分達の夢を実現してくれる業者さんがきっと見つかるはずです。
気になる事はどんどん質問し、納得がいくまで説明してもらいましょう。

注文住宅の業者を決定したら、いよいよ契約を申し込みます。
不明点はよく質問し、工事請負契約をよく確認しておきましょう。
(なお、建築家に依頼したい場合は設計・工事監理契約をしてから、工務店を決定し、工事請負契約を結ぶという運びになります。)

注文住宅の業者を選択する際には、色々な業者を見ておくようにしましょう。
業者によっても価格やサービス、提案などは異なりますので、複数の業者と比べる事で、より自分に合った業者を見つける事が出来ます。
インターネットにある無料一括見積もりサイトなどを利用すると簡単に比べれます。

土地を探そう

もともと土地がある場合や、土地が決まっている場合は問題ないのですが、ない場合はまず土地探しから始まります。
先に注文住宅の業者を決めておくと、土地探しから手伝ってくれたりもするので、先走って自分たちで決定するよりも心強いですね。
土地購入後に地盤調査なども行いますが、こちらも注文住宅の業者にお願いできます。

注文住宅の打ち合わせの流れを知ろう

注文住宅の打ち合わせは非常に重要になります。
打ち合わせを失敗すると、家づくりも失敗しますので十分に注意しましょう。

基本設計をしよう

注文住宅を建てる際、最低でも月に1回~数回は注文住宅の業者と打ち合わせをして、希望条件のすり合わせを行います。
こちらの希望をもとに基本設計図を作成してもらい、変更があれば都度反映するので、後半になると見積もりも当初の予定と前後しますが、納得がいくまでとことん話し合いましょう。

漠然としたイメージだったものが、設計図をもらった瞬間かなり明確になっていきますね。
着工前の打ち合わせで照明やコンセントの位置、壁紙や床材、水回りの標準外工事も全て自分達で決定していきます。
こういった打ち合わせは引き渡しまで続くので、疑問に思う事は担当者に何でも聞けるような信頼関係を築いておく事が大切です。
打ち合わせ内容を記録したものや、使用した書類は全て重要な資料です。
必ずきちんと保管しておきましょう。

建築費用の支払いについて

注文住宅の業者によっては、初期の建築請負契約の段階で一部建築費を支払う場合も多いようです(金額は業者によって変わります)。
その後も、着工時・棟上げ時・竣工時等の区切りの段階で中間金を要求される場合もあるようですが、工事完了後、住宅ローンの融資が実行されてから一括で支払う場合もあります。

実際、我が家は初期契約の段階で50万円を支払い、その他は全て工事完了後に住宅ローンの融資を受けてからの一括支払いでした。(土地代は別途融資あり)
この辺の取り決めは注文住宅の業者によって変わってきますので、よく相談してみてください。

中間金が必要な業者の場合は支払いのタイミングを業者にきちんと確認し、申し込む予定の金融機関には、融資の一部を工事完成前にも分割実行してもらえるのか確認しておきましょう。
中間金の存在を知っておかないと、いざ入金時に払えないなんて事になるかもしれませんので注意が必要です。

住宅ローンを組もう

基本設計をもとに工事費が分かったら、住宅ローンを申し込みます。
ハウスメーカーや工務店でも打ち合わせの中である程度紹介してもらえるのですが、やはり自分達でも調べておいた方が良いでしょう。
あくまでも建築のプロであり、住宅ローンのプロとは言えません。

注文住宅の業者にお任せしてしまうと、悪意はなくとも金利で大損してしまう可能性もあるのです。
ローンの事はお金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいでしょう。

着工の流れを知ろう

着工まであともう少しです。
この時点で建物を建てる為の建築確認申請は完了しており、積み重ねた打ち合わせで、どんな家にするのかはもうハッキリしているはずですね。
ですので、その後もし内容を変更した場合は再申請が必要になる事も覚えておきましょう。
また、着工の時期についてはまず資材発注をしなければならない為、多少前後します。

そしていよいよ着工となれば、まず地面に地縄を張って建築予定のライン引きをします。(地縄張り)
縄でライン付けされただけだと意外と小さく見えますが、建ってしまえば十分大きく感じるはずなので安心してくださいね。

次は神主さんを呼んで土地の繁栄をお祈りする儀式、地鎮祭を行います。
その地域によってやり方は異なり、また、大多数の方が行いますが、必須ではないので断る事も可能です。
行う場合は神主さんへの謝礼も必要なので、忘れず用意しておきましょう(相場については注文住宅の業者に聞いておくと確実です)。

地鎮祭が終わればついに工事開始です。
骨組み→屋根工事→外壁→内装と、みるみるうちに完成していきます。
夢のマイホームに住めるのもあと少しですね。
度々現場に訪れ、完成のイメージを膨らませるとともに、工事内容に誤りがないかもよく確認しておくようにしましょう(中間立会いにて電気配線を確認したりもします)。
また、注文住宅の業者によっては骨組みの基礎工事が完了した時点で上棟式を行いますが、しない場合もあります。
上棟式がある場合は費用が発生しますので、打ち合わせ時に業者に確認しましょう。

遂に完成!引渡しの流れを知ろう

引き渡しまでの流れについて記載しています。

引き渡しまであと少し。完了検査と保険手続きをしよう

ついにお家が完成しました。しかしまだすぐには入居できません。
申請通りに建築されているか、建築基準法によって工事監理者による完了検査が行われます。
その後、自分達も立会いのもと最終チェックをしていきます(竣工検査)。
これらの確認が終了し、問題なければ、ついに引渡しです。
火災保険等の手続きも引渡し前に済ませておきましょう。

住宅ローン手続き、登記を済ませて、ついにマイホームへ

基本的に引渡し当日に申し込んでいた住宅ローンの融資で残金の支払いを完了します。
鍵や諸々の証明書等の書類一式を受け取って、ついに引渡し!となった後もまだ油断はできません。
役所に行ってすぐに建物表題登記、所有権保存登記をしておきます(一カ月以内)。
難しそうに感じますが、こちらも打ち合わせ時に注文住宅の業者がきちんと教えてくれるはずなのでご安心を。
固定資産税等の税金や、控除についての説明も詳しく聞いておいてくようにしましょう。

引越しとその後のアフターメンテナンスについて

さぁ、念願のマイホームですね。
新居に引越し、これからローンを返済していきます。
1年・2年・10年と、注文住宅の業者によって時期や回数は異なりますが、アフターメンテナンスがあるところがほとんどだと思います。
買ったら終わり、ではなく、ずっと快適に住み続けるためにアフターメンテナンスはしっかり受けておきましょう。

また、家を建ててから長年住み続けるわけですから、メンテナンスというのは非常に重要となります。
業者によってもメンテナンスの内容などは異なりますので、色々な業者のメンテナンス内容を見ておくようにしてください。
また、トラブルを避けるためにも、口頭だけではなく、書面でも確認が必須となります。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン