この記事の所要時間: 527

注文住宅の収納の色々

家を建てる上で絶対必要な収納。
せっかく注文住宅を建てるなら、収納はぜひ多めに取っておきましょう。
注文住宅の収納についてのあれこれを紹介していきます。

場所ごとに見る必要な収納について

収納と言ってもどこにどれくらい設ければ使い勝手が良いのか?
場所ごとに要点を絞って紹介していきましょう。

玄関の収納について

玄関は何かとモノが多くなりがちです。
靴はもちろん、傘や庭いじりの道具にベビーカーも。
また、倉庫が置けないお家の場合は、車関係のグッズなんかもできれば室内には持ち込まず、玄関にまとめて置けるのが理想ですよね。
その為、玄関収納は出来るだけ多めに取っておくに越したことはないのです。
1~2畳程の扉付き収納を作るのが一番見た目がキレイでオススメですね。

照明も小さいもので良いので、玄関とは別に収納庫内に付けるようにし、靴用の棚は稼働式を採用する事でブーツなどに対応できるようにしておくと、より使い勝手が良いでしょう。
ただ、この玄関収納は換気がない場合も多いので、臭いが結構こもります。
換気機能を付けない場合は消臭対策をお忘れなく。

リビングの収納について

よほど坪数が少ない家でもない限り、リビングに作り付けの収納を作ってしまうのは、個人的にはオススメしません。
やはりリビングは家族が過ごし、来客もある場所。
収納を付けると狭くなって圧迫感がありますし、落ち着かない空間になってしまいます。
どうしてもと言う場合は、あえて壁を作るなりして死角を作り、その裏に収納を持ってくるなど、パッと見では分からないような収納にするとスッキリ見えて良いのではないでしょうか。

キッチンの収納について

キッチンもやはりモノが多いですが、見栄えばかりを気にして収納を減らしてしまうと、後々既製品の食器棚やワゴンを置く事になり、結果としてまとまりもなく、雑然としてしまいます。
ここはきちんと作り付けの収納を多めにとっておきましょう。

システムキッチンも収納量が多めの使い勝手の良いものを選択し、パントリー(食品庫)か吊戸棚を取り付けます。
因みにオープンキッチンの場合、吊戸棚を付けてしまうと部屋が狭く感じる為、パントリーを付ける場合は吊戸棚、吊戸棚を付ける場合はパントリーは無しとした方が良いかもしれません。
また、パントリーも扉を付けるか付けないかに分かれますが、我が家の場合は付けておいて良かったと思っています。
匂いのあるものも閉めていれば気になりませんし、ペットや小さな子供がいる場合、無闇に中に入らないようにしておけるので、扉付きの方が便利ですね。

洗面所(脱衣所)の収納

意外と見落としがちな洗面所の収納。
洗面所が広々とした間取りであれば収納も増やせるのですが、狭い場合はどこに収納を作れば良いでしょう?
我が家の場合は洗面所のすぐ近くに階段下収納があり、そこにタオル類を収納しているため特に不便はありません。
このように、洗面所が狭い人は洗面所の外に収納を設ける事も一つの方法ではありますが、洗面所のものは洗面所で処理したいという人ももちろんいると思います。
そんな時は吊戸棚がオススメです。
洗濯機の上当たりに棚を設けると下のスペースは確保出来るため、それなりに広く使えて便利ですよ。

ちょっとした工夫で収納UP!

おすすめの収納方法として、ニッチ(飾り棚)を使うのも良いかもしれません。
ニッチとは、壁を数センチ四方に4~5cm程凹ませた飾り棚の事ですが、凹ませた上に扉を付ける事で、ちょっとした小物を置くスペース位は確保出来ます。
壁を凹ませて利用するため、突出感がなくスッキリするのではないでしょうか。
一つ数千円~1万円程で設置できるので、先ほどの洗面所などの狭い場所に少しでも収納が欲しいという方はぜひ検討してみて下さいね。

こだわりの収納で使い勝手をさらに良く

こだわりの収納

部屋別に収納を見ていきましたが、次は少し変わった収納も見てみましょう。
こだわりの収納で住み良い家にしたいですね。

いかにスッキリ、収納出来るか

あからさまに「ここに収納してます!」と見えるのもちょっと嫌なので、さりげない収納を紹介していきます。

畳下収納

畳を部屋全面に敷くのでなく、部屋の角に少し小高く畳を設置してみると、その下に収納を作る事も可能です。
いかにも『和室』とならずに、ちょっとしたオシャレ感も演出でき、一石二鳥。

キッチンにゴミ箱収納

キッチンのゴミは生ごみが多く、汚くて臭いも気になります。
そこで、キッチンの棚の中にゴミ箱入れを作ると臭いも少なく、ゴミ箱の存在を隠せるのでキレイに見えますね。

忍者屋敷風壁収納

リビングなど、どうしても収納が欲しいけど隠したい!と言う時はコレ。
一見すると取手もなく壁にしか見えないのですが、可動式の板を取り外すと大きな収納になっています。
取手がなくてもワンタッチ式で開くようにすれば、不便も特にありませんよ。

建ててみて分かった収納の失敗

我が家で一つ失敗したなぁと思っている収納は、『階段下収納』です。
ここは照明もなく、通路の灯りだけが頼りなんですが、これがなんとも暗い。
しかも、階段の下の方の奥まった部分が非常に使いづらく、結構なデッドスペースになってしまっています。

階段下には数か所扉を設置し、色んな場所からモノを取り出せるようにしておけば良かったな、と反省。
階段下収納を作る際は、ぜひ複数個所から取り出せるようにしてみて下さいね。

作り付けだけじゃない!収納は買ってもよし

収納を購入する

最後に、収納は何も全て作り付けじゃなくてもいいんですよ、と。
既製品の収納についても触れておきます。

可愛くて便利。IKEAの収納を活用

IKEAがお近くにある方は、一度は行ってみた事があるのではないでしょうか。
IKEAはサンプルルームが沢山あり、お部屋のトータルプランを提案している事で有名ですよね。
このサンプルルームを見に行くと、ちょっと奇抜な部屋だったり、モダンな部屋だったり、かなりバリエーション豊かです。

敢えてシンプルな部屋を作って、IKEAの家具で収納をまとめるというのも一つの手ですよ。
また、IKEAのサンプルルームを参考にして、IKEA風の作り付けの収納を作ってしまうのも面白いかもしれませんね。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン