この記事の所要時間: 236

注文住宅の太陽光発電

エコエネルギーの活用が急速に進んでいる日本においては、特に太陽光発電システムが色々な場所で採用されています。
商業ベースとして、大面積のソーラーパネルを設置して発電事業を行っている企業もありますし、一般住宅の屋根などにソーラーパネルを設置して、発電を行うケースも増えています。
このように急速に太陽光発電システムが普及している背景には色々な理由があります。

太陽光発電を取りいれる経済的メリットとは?

一般住宅においては、電気料金をぐっと抑える事が出来るというメリットがあります。
オール電化システムなど、電力による設備稼働が主流になっていますので、その電源を支えるために自前で電気を作ることができる太陽光発電は、とても経済的と言えるでしょう。

また、余った電気を売る事が出来るというのもメリットとなっています。
ソーラーパネルで発電した電気を使い切れない場合には、それを無駄にすることなく電力会社に売る事が出来ます。
会社との契約条件や法令によって違いはありますが、効率よく太陽光発電システムを運用出来る事には違いありません。
さらに、ソーラーパネルの耐久性は高いので、最初の購入費用はかさみますが、しっかりとメンテナンスを行えばかなり長期間使用できますので、初期投資に対して割りが良いと言えるでしょう。

災害対策としても優れているというメリットも持つ

こうした経済的なメリットに加えて、災害対策としても役立つというメリットがあります。
地震などの災害が起こると、ライフラインが遮断されてしまうという恐れがあります。
電気がなくなると家のほとんどの機能が果たせなくなってしまいます。
しかし、自前で発電できるソーラーシステムであれば、夜間は別にして電力が供給されますので、万が一の場合にも安心です。
将来的には、蓄電技術も進んでいきますので、外部に頼ることなく自前ですべての電力供給が出来るようになる事も期待されています。
そうなれば、より安心なシステムの恩恵を受けられることでしょう。

太陽光発電の価格はメーカーによって異なる

太陽光発電のシステムは大きなビジネスでもあるため、沢山の企業がパネルや架台、供給システムに参入しています。
それぞれの企業の商品に一長一短がありますし、コストにも大きな違いが出てきます。

価格も設置業者によっても異なるため、時間をかけてしっかりと色々な選択肢を比較検討することが大事です。
注文住宅では、こうした自由が利きやすいので、建設会社にいろいろなオプションを提示してもらうと良いでしょう。
もちろん、建設会社と提携している企業からの提案を受けることも多くなりますが、客観的な見方が出来るように、それ以外の選択肢もしっかりとチェックするようにしましょう。

注文住宅だと、ソーラーパネルの大きさや設置場所、供給システムなどに自分の要望を大きく生かす事が出来ます。
それだけ、効率よく経済的なシステムを導入できますので、妥協することなくしっかりと検討を重ねることが重要です。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン