この記事の所要時間: 232

注文住宅の立会いについて

注文住宅を建てる場合には、自分たちの要望がしっかりと家の中に生かされているかどうかを確認しなければなりません。
それで、設計の段階でしっかりと間取りや設備プランなどを確認する事はもちろん、施工中も現場に立ち会って、どのように工事が進められているかをチェックするようにしましょう。

施工中に立会いが必要なシーン

もちろん、間取りの形や大きさなどは設計図通りに進んでいきますが、家具や設備などに使われるデザインが違っていたり、壁紙の種類がサンプルと違く見えたりする場合もあります。
工事が終わってからそのような違いに気づいても、修正するのは大変ですし、場合によっては追加料金が発生するトラブルの可能性も考えられます。
こまめに現場に足を運んで確認するのが一番です。

また、住宅メーカーは定期的に施工が基準通りに進んでいるかの検査を行います。
こうした検査は基本的にメーカー側が行うもので、施主が参加することはありません。
しかし、検査のタイミングは重要な工程が終了した時に行われますので、工事の進捗状況を見るにはうってつけの時機と言えるでしょう。
この検査のタイミングを見計らって工事の状況を見るのも良いと思います。

また、工程のチェックとは別に、現場に入っている職人さんたちに挨拶をしたり、何らかの差し入れを持って行ってあげたりすることも、工事に携わっている人たちが気持ちよく仕事を進めるためのプラス材料となります。
たまにこうした配慮を示すのも良いでしょう。
もちろん、しなければならないことではありませんが、それによってより円滑に工事が進んでいく事もありますので、行って損はないでしょう。

手続き上立会いが必要な事柄

注文住宅の工事自体の他にも、立会いが求められる場面が生じます。
その一つが様々な手続きをする時です。
不動産関連の書類提出や手続きを行う際には、自治体によって本人の立会いを求めているケースがあります。
もちろん、ほとんどの手続きは住宅メーカーが代行して行ってくれますので、問題なく進めていく事が出来ますが、中には代行が不可となるものもありますので、事前に確認しておくようにしましょう。
また、土地の売買や契約書の作成など、重要な書類を作る際には、全て任せるのではなく、立会いをして確実に自分たちの納得した条件に合った形で書類が作成されているかを確認するようにしましょう。

引き渡しの際の立会い

工事が終了すると、引き渡しに当たって立会いでチェックが行われます。
もちろん、事前に住宅メーカーの方で最終検査を行っていますが、そこに住む人という立場で細部まで仕上がりを確認することが大事です。
家具や設備に傷がないか、扉のがたつきがないかなど、実際に使うことを想定して確認をするようにしましょう。
また、キッチン用設備を始めとする器具類がしっかりと動作をするかもチェックしたいものです。
入居してから気付くとなると、処理が面倒になります。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン