この記事の所要時間: 229

注文住宅の坪単価

注文住宅を建てる上で重要なのは、自分たちの要望や必要にどこまで応じる事の出来る家を建てられるかということと、費用がいくら位かかるかという事です。
当然、自分たちの好きなようにするためにはお金がかかりますので、その希望と費用の折り合いをどのようにつけるかということがポイントとなります。
それで、実際に、注文住宅の設計を始めるにあたって、自分たちの要望のオプションを提示して、それぞれのプランでいくらくらいの費用がかかるかを示してもらうと良いでしょう。

注文住宅の見積もりを行う

とは言っても、建設会社ごとにある程度の建築費用の概算というものを持っていますので、あらかじめそれを確認しておけば、おおよそのイメージを掴む事が出来るでしょう。
建設会社によっては、注文住宅のコンセプトをいくつか持っていて、このコンセプトであれば2,000万円から3,000万円くらい、というようなコストプランを提示しています。

または、坪単価という形で試算を出してくる所もあります。
希望する建物の面積が分かれば、その面積に坪単価をかけるだけですので、簡単に予算を考える事が出来ます。
この坪単価を基本として、設備の変更や建築材料の選択によって最終的な価格が決まることが多いので、坪単価が提示されていればしっかりと確認するようにしましょう。

坪単価を他の住宅メーカーと比較してみる

建設費用を坪単価という形で提示して、おおよその予算を示すケースが多いので、他の住宅メーカーと比較検討がしやすくなっています。
それぞれのメーカーのモデルハウスやカタログなどを見た上で、坪単価を確認すれば、自分たちの希望と予算とのバランスを容易に見る事が出来ます。
もちろん、坪単価が安いに越した事はないのですが、その分細かい部分の仕上がりがイマイチだったり、設備の中身が貧弱だったりする場合もあります。
それで、坪単価と仕上がりのバランスをじっくりと見て、色々なハウスメーカーを比較してみると良いでしょう。
それぞれのメーカーで売りが異なりますので、力を入れている部分にも注目して、自分たちのニーズに合っているかどうかも確認する事もオススメします。

坪単価以外にも見るべきコスト

坪単価というのは、注文住宅を建てる際のあくまで大まかな費用という見方をしておいた方が良いでしょう。
もしくは、最低限のベースプランという考え方もあります。
それに、高性能の設備を導入したり、壁紙の種類を変更したりすると、オプション料金が課されます。
また、坪単価は建物の建設費用のみで、外構工事は別となっているケースがほとんどです。

庭の整備や車庫の設置などは完全に別料金となっていますので、しっかりとその分のコストも計算に入れるようにしましょう。
その上で、実際に注文を出す前に、手続きや書類の費用、税金なども含めた最終的な価格を提示してもらわなければなりません。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン