この記事の所要時間: 229

住宅ローンとつなぎ融資

マンションにせよ一戸建てにせよ、家を購入する時には住宅ローンの利用をされる方が多くいます。
自己資金で全ての費用を賄う事が出来れば言う事はありませんが、住居購入は相当なコストがかかるため、金融機関からの融資を受ける必要がある場合がほとんどです。

住宅ローンとつなぎ融資の違いとは?

住居購入に関係する融資としては住宅ローンの利用が一般的となっています。
この住宅ローンの基本は、建物が完成した状態で引き渡しがなされる際に、一括で支払う購入資金を融資するというものです。
つまり、マンションや分譲住宅など、完成している建物を購入する際に融資を受けるということが原則となっています。

しかし、一戸建てを新築するとなると、建物が完成した時点で全ての費用を払えば良いというわけにはいきません。
まず、土地を新たに購入するのであれば、土地購入資金がかかります。
そして、建物の施工が始まる前に前払い金として全体の工事代金の何割かを支払う必要があるでしょう。
また、様々な手続きをするための費用もそれなりの金額に上ります。

このように、新築で一戸建てを建てる際には、完成前にかなりの費用がかかるのです。
この完成前にかかる費用を賄うために受けるのが、つなぎ融資ということになります。

つなぎ融資を提供している金融機関を探す必要がある

基本的には、完成前につなぎ融資を受けて、土地取得代や必要な前払い金を支払い、建物が完成した段階で残金を支払います。
この残金を支払う際に、住宅ローンでかかった全ての費用分の融資を受けて、残金とつなぎ融資の分の返済を行うことになります。
そのため、つなぎ融資と住宅ローンは、同じ金融機関から受けるのが一般的となっています。

しかし、どの金融機関でもこのつなぎ融資を実行しているわけではありませんので、注意が必要です。
住宅ローンは積極的に展開していても、つなぎ融資はしてしないというケースも多くあります。
それで、一戸建ての新築を考えているのであれば、まずつなぎ融資を行っている銀行を探すことから始めましょう。
「フラット35」というローン商品を提供している所は、つなぎ融資を行っていることが比較的多いので、探す際の参考にする事も出来ます。

事前にしっかりとローンと資金の計算をする

理想から言えば、出来るだけ自己資金を活用して、つなぎ融資を受けないのがベストです。
というのも、金利の低い住宅ローンに比べると、つなぎ融資は金利が高くなる傾向があるのが理由で、つなぎ融資分が多くなればなるだけ、ローン返済が厳しくなります。
それで、自己資金をどのくらい用いる事が出来るか、つなぎ融資と住宅ローンの金利の差はどの位かなどをしっかりと確認しておくようにしましょう。
そして、最終的にいくらの金利がかかってくるかを計算して、期間内に無理なく返済していける金額となるかを考えなくてはなりません。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン