この記事の所要時間: 928

注文住宅の注意点

高いお金を出して、いざ「注文住宅を買おう」となった時、何も考えずに契約してしまい、『建ってみたら希望とは全然違う家になってしまった』
なんて事になったら目も当てられません。
そうならない為に、注文住宅の契約前の注意点を確認していきましょう。

工務店?ハウスメーカー?施工業者を選ぶ際の注意点

まず、「注文住宅を建てたい」と思ったとき、工務店に依頼するか、大手のハウスメーカーに依頼するか悩ましいところですね。
基本的に、全国ネットのテレビCMや大きな住宅展示場なんかがあるのがハウスメーカー。
地元密着型で、会社規模が比較的小さめなのが工務店、と言ったところでしょうか。
どちらもメリット・デメリットが存在しますので、選ぶ際の注意点を見ていきます。

工務店を選ぶ際の注意点

工務店の良い所は、地域密着型で困ったことにはすぐに来て対応してもらえる安心感があるというところでしょうか。
また、基本的にかなり設計の自由度が高く、オリジナリティあふれる家にしたいという場合はとても良さそうですね。
大手ハウスメーカーよりも比較的安く家が建てられるのも魅力です。

しかし、地元密着型であればあるほど会社規模が小さい場合が多く、住宅展示場等が殆どありません。
その為、「こういう家に住みたい!」と、かなり具体的なプランがある人は良いのですが、まだ完成後のイメージが漠然としていて固まっていない人にとっては、いまいち雰囲気がつかみにくいのではないでしょうか。

また、住宅ローンについてなど、施工に関わる事以外での提案が少なく、自分達である程度の知識を持っていなければいけないというところはかなり注意が必要です。
あくまでも私達が主導権を握っており、「丸投げができない」といった印象ですね。
規模の小さい会社だと、評判の良し悪しについて情報が少ないのも要注意です。

ハウスメーカーを選ぶ際の注意点

その点、大手ハウスメーカーは基本的に「上げ膳据え膳」といった感じで、こちらが何もわからず黙っていても、次の工程にどんどん誘導し、提案してもらえる為、非常に楽で安心ですね。
また、工務店に比べれば工期も短く遅れが出にくいので、余裕をもって完成を待っていられますし、建築後のアフターサービスが充実しているのも魅力的です。

そして気になるハウスメーカーの注意点ですが、広告費や人件費にお金がかかっている為、『値段が高い』というのが一番ではないでしょうか。

モデルルームを見て、「こんな家に住みたいなぁ」と思って契約したとしても、モデルルームと同じような家にするのは予算の関係上かなり難しいです。
実際、我が家もモデルルームを見学して某ハウスメーカーと契約したのですが、モデルルームと同じような家を作るにはあと2,000~3,000万円程足りませんでした。(足りなさすぎ)
ハウスメーカーはモデルルームの見栄えが良すぎて、自分達の現実との落差が激しいかもしれませんね。
また、ハウスメーカーはある程度の家の形が決まっており、大体は固定のプランで作成するため、少し変えようとするだけでオプションの金額がどんどん膨れ上がっていくのも注意が必要なところです。

ハウスメーカーに依頼した我が家の感想

因みに我が家の場合、もともと「輸入住宅に住みたい」という強い希望があった為、ハウスメーカーに依頼しましたが、上記デメリットを含めても不満は特に感じていません。
あれだけ『上げ膳据え膳』で作ってもらったにも関わらず、建築内容含め、その他ローンや保険の手続きにてんやわんやしたので、もし工務店に依頼し、自分達で全てをプランニングしていたとしたら…と、考えただけで目が回りそうです。

ですので、「全く何もわからない!」という人は『ハウスメーカー』、ある程度知識があり、具体的なプランニングができている人の場合は『工務店』で、と考えた方がいいかもしれません。
どちらにもメリット・デメリットはありますので、自分たちの希望を叶えてくれそうな業者を選んでいきましょう。

施工業者に契約を申し込んだ後の注意点

契約後も安心はできません。注文住宅を建てる上で、これからが一番大変かつ重要です。
契約後の注意点を確認していきましょう。

見積もりの際の注意点

注文住宅では見積もりを必ず行ってもらいます。
見積もりというのは、業者によっても大きく変わってきます。
しかしながら、価格だけで判断する事はトラブルの原因になるので注意が必要と言えます。

納得した注文住宅を行うためにも、色々な業者から見積もり、提案書をもらうと良いでしょう。
ひとつひとつの業者に問い合わせをすると非常に時間がかかりますので、無料一括見積もりなどを利用すると、簡単に比べる事が出来ます。

打ち合わせ時に注意しなければいけない事

注文住宅の打ち合わせの注意点

ここからはあくまでハウスメーカーに依頼した我が家の経験をもとに書いていきます。
いくら担当さんが親切に誘導してくれるとはいえ、家を建てるのは自分達です。
遠慮して黙っていると、希望の家は建ちません。

黙っていたら営業担当者の理想の家が出来てしまう?!

無事契約後、打ち合わせで自分達がどういう家にしたいのかを担当さんに伝えると、次回からこちらの意見が盛り込まれた最初の基本設計図を作成してきてくれます。
これを見ながら計画を立てていくのですが、この時、「自分たちが思っていた間取りと違うな」という事ももちろんあり得るのです。
そういう時はきちんとこちらの希望を再度伝えて、「ここをもっとこうしてほしい」と毎回伝えていくことが重要なんですね。

何度も設計図を描き直してもらうのは申し訳ない気もしますが、ここで黙っていると担当さんの理想の家になってしまうのです。
担当さんも顧客に喜んでもらうべく一生懸命考えて作ってきてくれますので、自分たちと方向性がズレている場合も多いのですが、ここでなぁなぁにしているとあとで修正できなくなりますから、ここは強く自分の意見を主張しましょう。
また、打ち合わせ資料は毎回ファイリングするなりし、日付ごとにきちんと保管して、いつでも確認できるようにしておいて下さい。

注文住宅の間取りや構造についての注意点

施工業者を選ぶ際、それまでに色んな施工業者のモデルルームを見てきたとします。
その中で、「あそこの家のあの構造と、あそこの家のあの間取りを取り入れつつ、他の業者に依頼しよう」とした場合、果たしてそれは可能なのか?というと、実はそれはNGだったりするのです。

なぜならその構造に『特許が取られている』場合があるから。
我が家もそれで構造的に断念した経験があるため、安い業者を利用して、色々な家の『良いとこ取り』をしよう、などとは安易に思わない方が良いでしょう。

契約後が大事!着工から引渡しまでの注意点

注文住宅の引渡しの注意点

施工業者との契約後も、引渡しまではなかなか安心できません。
着工から引渡しまでの間に注意すべき点を挙げていきましょう。

地盤調査の結果で金額が変わる?補強工事の落とし穴

地盤調査が行われていない土地の場合、着工前に地盤調査を行います。
地盤が緩ければ別途補強工事をしなければならず、この調査の結果次第では、金額がドンッ!と上がる可能性もあるのです。

表層改良工法の場合・柱状改良工法の場合

地盤調査の結果、問題なければ調査費用だけで済むのですが、(相場は6~7万程度との事。我が家は一式で10万円でした。)
もし補強工事が必要になった場合、結構なお金が必要です。

軟弱地盤が深さ2m以内であれば、『表層改良』を行い、1坪あたり3万円程。
軟弱地盤が深さ2~8m程であれば、『柱状改良』を行い、1坪あたり4~5万円程。
平均的な住宅の1階の坪数を18坪として、単純に計算しても『表層改良』は54万円程。
『柱状改良』だと80万円程

上記はあくまでも参考となります。
地盤がしっかりしている土地だとこれらの金額は一切かからない為、土地によってはかなり注意が必要です。

いよいよ着工。これからの注意点

着工するという事は、もう建築プランは固まったという事ですね。
ここからは変更できない事も増えてきますので、最終確認を怠らないようにしましょう。

基礎工事は大丈夫?こまめに見に行こう

我が家を担当してくれたのはとても良いハウスメーカーさんで、工事前後も工事中も進捗具合を都度わかりやすく報告してくれていたので安心して任せていましたが、稀にひどい業者がいるようです。

床材等の内装すら決めていないのに見切り発車で着工したり、手抜き工事をしていたり…。
業者に不安がある場合、工事中はこまめに現場に足を運び、写真を撮るなりして証拠を残しておくようにしましょう。
業者に対するけん制にもなりますし、自分達でも工事内容に間違いがないか確認しておくことが大切です。
配電の位置間違いなどは内装が終わった後では修正できませんし、よく注意して見ておいて下さいね。

ついに引渡し!最後の注意点

いよいよ『引渡し』となる前に、自分達を含めた『完了検査(竣工検査)』が行われます。
この検査で問題なければ引渡しとなってしまうので、かなり注意して見ておく必要があります。

エアコンの位置が違う?!我が家の失敗談

完了検査では業者の方々と一緒に図面と工事後を見比べながら一つ一つ確認していきます。
細かいことで、トイレのタオルホルダーの位置や、ペーパーホルダーの位置が「微妙に違うな」という事もありますが、これぐらいの事であれば今からでも直してもらう事が可能なので、便座に座るなどして実際に確認してみる事が大切です。
また、素人目では難しいかもしれませんが、屋外のビス止め部分などが浮いていないか等の細かいチェックも重要ですね。
そこからサビが出て、後々家が腐食してしまうなんて可能性も無きにしも非ずなので。

そして最後に確認しておいてほしいのが、エアコンの排気口の位置です。
私達が検査に訪れた際、「エアコンの位置がやたら低い」事が気になりました。
もっと上につけるように言っていたのですが、施工ミスなのか、予定より5cm~10cm程低かったのです。
リビングのエアコンだったのでかなりサイズが大きく、中途半端な位置についていると非常に違和感がありました。
しかしもう排気口の穴は開いてしまっているし、そこを塞いでまた上に穴をあけるとなると、我が家の外壁上(総レンガ)少し面倒な処理が必要になる事に…。
おかげで引渡しに若干の遅れが出てしまい、とても歯がゆい思いをする事になりました。
こういう事になる前に、きちんと工事内容を確認しておかなければなりませんね。
エアコンの排気口を開ける際は、立ち会う事をおススメします。

引渡し後の注意点

最後になりますが、引渡し後は銀行手続きや登記、住民票の移動など、細々とした手続きに追われます。
引っ越し後の郵便物の転送手続きなんかも含め、一つ一つ忘れないように処理していきましょう。
やる事が多い為、『うっかり忘れ』を防げるよう、きちんとリストアップしておく事が大切ですね。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン