この記事の所要時間: 738

注文住宅のバルコニーについて

注文住宅でマイホームを建てるならバルコニーが欲しいと思って居る人は少なくありません。
確かにバルコニーを活用すれば工夫次第で様々な事が出来ます。

しかし、バルコニーについて基本的な知識を持っている人は少ないようです。
例えばバルコニーとベランダの違いを知っているでしょうか?

バルコニーの種類と違い

実はバルコニーとベランダの差は唯一屋根があるかどうかという点だけの違いになります。
ベランダは屋根が付いていて、バルコニーは屋根のないスペースの事を言います。
屋根の有無だけで呼び名が変わるため、基本的に広さは関係ありません。

またバルコニーの中でも、下の階の屋根を床として利用するものをルーフバルコニーと呼びます。
ルーフバルコニーは多くの場合でゆったりと出来る広いスペースが確保出来ます。
通常のバルコニーの場合は、突き出して作るため強度などの問題で広くする事が難しいのです。

ちなみに、バルコニーやベランダは2階以上のものを指します。
1階部分で突き出して作られたスペースはテラスと言います。

注文住宅で家を建てる際には業者と間取りなどを細かく決めて行く事になります。
その時に、バルコニーやベランダ、テラスについて知識があった方が、スムーズに話しを進める事が出来るでしょう。
ちょっとした違いではありますが、しっかりと知っておく事で認識に齟齬が出る事を防げます。

バルコニーとベランダどちらを設置するべき?

バルコニーとベランダの違いは、屋根の有無だということが分かりました。
では、実際に家を建てる際にはどちらを採用した方が良いのでしょうか?

もちろん、ライフスタイルや用途によって最適なのはどちらかという答えは異なります。
例えばバーベキューなどを行いたいのであれば、バルコニーの方が利用しやすいでしょう。
ガーデニングなどを行いたい場合も、日光を遮らないバルコニーの方が便利です。

更にベランダと比較すると屋根を作らない分、スペースが広く確保しやすいです。
この他に屋上にバルコニーを作る事も出来ます。(この場合はテラスと表現される事もあります)

一方でベランダでは屋根がありますから、洗濯物を干す事を考えれば多少有利になります。
洗濯物を干すためのスペースと割り切るのであれば、バルコニーよりもベランダの方が良いでしょう。

明確にどちらの方が良いという判断は出来ませんが、間取りを決める際にはどちらの方が必要なのかしっかり考えてみましょう。

そもそも本当にバルコニーは必要?

バルコニーを設置する前に、もう1度本当にバルコニーが必要か考え直してみる時間を作ることは重要です。
確かにバルコニーがあれば洗濯物を干すこ事も出来ますし、広さによっては友人を招いてバーベキューを行うなどの活用も可能となっています。
しかし、本当にそれは必要なスペースなのでしょうか?

バルコニーを設置するためには、当然それなりに費用がかかってきます。
ですが、実際に完成したバルコニーは、どれほど活用されるかという部分が問題になってきます。
確かに新築で引っ越した直後は利用すると思いますが、ほとんどの場合で日常的に利用する事はありません。

少なくとも平日に毎日友人を招く事は一般的にないですし、だからと言って毎週末利用することも考えにくいでしょう。
多くても年に数回利用出来れば良い方で、広いバルコニーを何年も利用していないというケースはとても多いのです。

また、洗濯物にしても近年では技術の進歩により、乾燥機や部屋干しでも十分になってきました。
もちろん、バルコニーやベランダがあれば外に干すという選択も取れますから無駄にはなりませんが、費用を割いて絶対に作らなければならないというものではないのです。

もし周りにバルコニーを設置している知人がいるようなら、実際の利用頻度などを聞いてみるのも良いかもしれません。
多くの場合では、残念ながら洗濯の利用のみであったり、物置スペースとなってしまっています。

バルコニーを作ることのリスク

バルコニーは注文住宅を建てる際にとても魅力的に見えますが、実はリスクも存在しています。
例えば、バルコニーを設置する事で、建物の防水性能が低くなってしまいます。
もちろん、しっかりと防水のための対策をしていれば問題ありません。
しかし、こうした対策は経年によって効果が薄くなってしまうため、定期的にメンテナンスしてあげる必要があります。

また、建物の耐久性能についても、バルコニーがない場合と比較すると低くなりがちです。
これは建物の構造によってはほとんど気にする必要がありませんが、一部の構造では耐久力が落ちる事は念頭に入れておきましょう。
特に近年では耐震性などを気にしている人も多いと思いますので要注意です。

一度バルコニーにしてしまうと、後から屋根が欲しいと思ってもしっかりとした屋根を作ることは難しいでしょう。
後付けで屋根を設置することは不可能ではありませんが、元々用意した屋根と比べるとどうしても強度などは劣ります。
逆にベランダからバルコニーに変更することも難しいので、決定は慎重に行うように気を付けてください。

バルコニーにかかる費用

やはり、注文住宅でバルコニーを作りたいと考えた時に気になるのは費用だと思います。
バルコニーと一言で言っても規模も様々ですので一概にいくら必要とは言えません。
それでも間違いなく同じ広さの部屋を作る時と比較すると安価に設置する事が出来ます。

当たり前の話ではありますが、屋根もなく壁もないわけですから費用が安くなるのは当然と言えます。
もちろん、防水対策をする必要もありますが、通常の部屋を作るよりも安価です。

あくまでも目安ではありますが、バルコニーを作るための費用としては100万円程度を見込んでおくと良いでしょう。
広くしたければそれだけ費用もかかりますし、ほんの少し最低限のスペースがあれば良い場合はもっと安価になります。
この辺りの話は単純な広さだけでなく、構造や間取りなどにも左右される部分があります。
予算との兼ね合いもあるため、しっかり業者と相談しながら決めていくと良いでしょう。

また実際に家を建てる際の費用にばかり目が行きがちですが、バルコニーを作るという事はバルコニーのメンテナンスにもコストがかかってきます。
既に触れていますが具体的には防水対策を行う必要があります。

防水の工事はおよそ10年ごとに行うのが一般的で、費用としては10万円以下で済む事が多いです。
10年というのは家のメンテナンスを行う節目の年ですので、他の部分のメンテナンスと合わせて行う事になると思われます。
そのため、それなりの資金を用意しておかなくてはなりません。

また、従来のバルコニーだと手すりの素材が錆びる可能性があり、錆止めを行う必要もありましたが、現在ではアルミなどのメンテナンスが比較的楽な素材を使うことが多くなってきました。
家を建てる段階で、メンテナンスが楽な素材を選んでおけば、ランニングコストについては低く抑える事が出来ます。

バルコニーは2階以上に作るものですから、手すりなどは必ず必要です。
この部分に痛みが見られる場合は危険ですから、手すりの交換などの工事を行う必要が出てくるかもしれません。
手すりの交換は20万円前後かかる場合があります。
意外と費用がかかりますので注意しましょう。

更に防水の工事ですが、ルーフバルコニーでは行うべき工事となります。
しかしながら、後付けタイプのバルコニーであれば防水の工事も不要となる場合があります。
注文住宅で後付けタイプを選ぶ事は、あまりないかもしれませんが、選択肢として覚えておくと良いでしょう。

このようにバルコニーを作る場合には、家を建てる際の費用以外にも後々お金がかかってきます。
先の事も考慮してバルコニーを作るかどうか、あるいはバルコニーの広さを検討してみましょう。

バルコニーに欲しい設備

バルコニーをどのように活用するかという事は人それぞれになりますが、バルコニーにも設置したい設備が水道です。
バルコニーで、例えばパーティーなどを行う場合や、ガーデニングを行う場合には水道を用意出来ているかという点は、利便性に大きく関わって来ます。
意識していないと見落としがちなポイントですので、バルコニーを設置する際には注意してください。

また、ガーデニングなどを行わないと思っている場合でも、バルコニーに水道はあった方が便利です。
そもそもバルコニーには屋根がありませんから、外の砂埃なども貯まりやすい環境となっています。
こうした汚れを掃除する際にも水は利用しますから、他の部屋の水道からホースを利用するような状況では不便です。

ほとんどの場合でバルコニーに水道を設置することは可能となっていますので、特別な事情がない限り水道の設置をする事をオススメします。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン