この記事の所要時間: 233

注文住宅のコンセント

注文住宅を建てるに当たっては、決めることが沢山ありますので、しっかりと自分たちの希望や意見をまとめておくことと、設計士などと綿密な打ち合わせをすることが欠かせません。
最初の段階で決めることの一つとして、コンセントの位置を決めるというものがあります。
小さなことのようにも見えますが、コンセントの位置というのはとても重要なものですので、しっかりと構想を練るようにしましょう。
というのも、現代社会の生活は電化製品によって支えられていると言ってもよく、電気がなければ出来ない事が沢山あるからです。
コンセントの位置が悪いと、延長コードを伸ばさなければならなかったり、思うような位置に家具や設備を配置できなくなってしまいます。
それで、間取りを決める際に同時にコンセントの位置も決めるようにしましょう。

設計の段階で部屋の用途や家具の配置などを決めておく

コンセントの位置を決めるために、それぞれの部屋にどんな家具や設備を置くのか、どこにどの大きさのものを設置するのかを決めておくようにしましょう。
そうしないと、大きなタンスの後ろにコンセントがきてしまって使えなくなってしまうとか、電化製品の向きが固定されてしまうなどのダメージを受けます。
家具や設備の状況によってコンセントの場所は大きく変わりますので、設計をする前にはこうしたことを決めておくようにしておいてください。

キッチンと書斎のコンセントの配置には十分注意する

どの部屋でもいくつもの電化製品を使いますが、中でもキッチンと書斎は一番電源が必要となる場所です。
キッチンではオープンや電子レンジ、冷蔵庫などの調理家電が必要ですし、必要に応じて色々な小さい電化製品を使用することになります。
それで、実際に調理をするテーブルの近くに、コンセントをいくつか設置するようにすると良いでしょう。
もしくは、システムキッチンの中には、家具の中にコンセントを埋め込めるタイプのものも多くありますので、カタログなどを身ながら調整する事が出来ます。

書斎もパソコンやライトなどの電化製品が多く使われる場所ですので、電源が十分に備えられている必要があります。
書斎には通常本棚や大き目のデスクなど、大物家具が置かれることが多いので、コンセントがこうした家具と干渉することがないように、事前に考えなければなりません。
それで、設計の段階でどんな家具をどこに置くかをきちんと決めておくようにしましょう。

コンセントの見た目への影響

電化製品を使うためには電源がどうしても必要ですので、どの部屋にもコンセントを設置する事になります。
しかし、無機質なコンセントの見た目は、インテリアに影響することもあります。
それで、出来れば目立たない位置に配置するか、コンセント自体を装飾とするという方法を取る事が出来るでしょう。
プラスチックの単純なカバーではなく、陶器製の凝った装飾のものなども市販されていますので、インテリアの一部として利用する事も可能です。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン