この記事の所要時間: 543

注文住宅のキッチンに関する色々

注文住宅を建てる際、キッチンはかなり重要ですよね。
一生使うものですから、キッチン選びで失敗しないよう、色々と勉強しておきましょう。

どんなキッチンにする?種類豊富な選べるキッチン

最近のキッチンは見栄えも良く、使い勝手もかな良い物が沢山出てきています。
どんな種類があるのか、メーカーごとに見ていきましょう。

メーカーで選ぶ、おすすめのシステムキッチン

LIXIL(リクシル)

リクシルはまず見た目が可愛く、値段も安い。
カラーバリエーションが豊富で、デザイン性が高いのが魅力です。
キッチンのベースカラーはもちろんのこと、シンクの中のカラーも選べるため、キッチンをより華やかにしたいと思う方にはおすすめですね。
ただ、強度自慢のメーカーに比べると耐久性はやや劣るかも。

Panasonic(パナソニック)

こちらは大手の老舗メーカーだけあって、機能性は抜群です。
掃除もしやすい構造を取り入れており、汚れにくい設計で、見た目もスッキリ美しいデザイン。
独自の商品『トリプルワイド』はIHが三つ並列しており、料理好きな方にはかなり便利で使いやすそうですね。
キッチンにコンセントがついているという『クッキングコンセント』も機能的で非常に便利ではないでしょうか。
価格としては高機能な分、結構お高めです。

タカラスタンダード

テレビCMでもよくやっている、ホーローキッチンで有名ですね。
引き出しの裏側や、キャビネット内部なんかも全てホーロー製の為、汚れや湿気にも強く、他社に比べて耐久性があります。
キッチンパネルにマグネットを取り付けられるのも何かと便利ですね。
因みに定価がもともと安めに設定されている為、値引きはあまり期待できなさそう。

クリナップ

クリナップはステンレスに力を入れている事で有名です。
最近流行りの人工大理石に比べて熱に強いので、長くきれいに使いたい場合はやはりステンレスでしょうか。
キッチン専業メーカーを名乗るだけあって、技術と知恵が詰まっています。
ステンレスなのに水の音が非常に静かであるなど、細かい気配りもさすがですね。
ただ、見た目があまり好みでないという人もチラホラいますので、実際に見て自分がどう思うかで判断した方が良いでしょう。

TOTO

トイレで有名なTOTOです。
こちらは節水かつ、水が横に大きく広がるエアインシャワー(水ほうき水栓)や、水が流れやすい角度付きの滑り台シンクなど、主婦目線のありがたい機能がいっぱい。
サポート面でも安心で、人気のメーカーです。
ただし、これら人気の機能が詰まったシリーズ『クラッソ』は、グレードの高い高価格帯の為、少し手が出し辛いかもしれませんね。
また、他社は大体4つ以上のシリーズがあるのですが、TOTOは『クラッソ』と『ミッテ』の2シリーズしかなく、選択肢がやや少なめです。

ちょっと変わり種、IKEAのキッチン

安価でオシャレな家具で有名なIKEAですが、実はシステムキッチンも販売しています。
やはりデザインは北欧チックで可愛らしく、値段も日本製に比べてかなり安い事が特徴ですね。
特に輸入住宅の場合はかなりしっくり来るデザインだと思います。
ただし、配管が日本製でない為あとで取り替えなければいけない事や、不良品があっても来てはくれず、自ら出向いて交換してもらわなければいけない等、面倒な事が多いのも事実です。

キッチンの予算はどれくらい?キッチンの価格

キッチンの価格

次に、キッチンの金額を確認していきましょうか。
どれくらいの予算で見積もっておけば良いのか、目安を見ていきます。

グレードによって差が出る、キッチンの価格帯

ここでは、一般的に多く普及している「I型」のシステムキッチンをメインで考える事としますね。
まず、キッチンはおおよそ下記の3つの価格帯に分けられます。

・《シンプルタイプ》50万円弱~70万円前後
・《スタンダードタイプ》50万円超~90万円前後
・《ハイグレードタイプ》60万円超~120万円前後

オプションを追加するかでもまた変わってくるのですが、このようにタイプによって結構ピンキリですね。
メーカー一押しの商品は大体グレードの高いものに付いている場合が多いので、やはりその分金額が上がります。
大体どのレベルの金額帯で購入すれば問題なく使えるのか、次は相場を見ていきましょう。

失敗しないキッチンの相場はどれくらい?

システムキッチンの相場というのもちょっと難しいもので、依頼した施工業者にも得意・不得意なメーカーというものがあり、安く仕入れられるメーカーは業者によって違います。
大体は定価の3割~5割になるようですが、こちらも商品によって値引き率はまちまちですね。

キッチンは人によってどこに金額を掛けるのかがだいぶ変わってくるので、セット価格の差が大きく、相場はあまり当てにならないかもしれません。
オプションをどれくらい付けたかによっても違いますが、大体の平均値としては70万円前後でしょうか。

我が家の場合は食器棚無し・食洗器有り・ワークトップは人工大理石で、シンク内カラーと、その他掃除がしやすいコンロやレンジフード等々…。
基本的には見た目重視で、そこまで拘ったキッチンではないのですが、セット価格にして85万円程でした。
(リクシルですが、数年前の為、今はもう販売していないシリーズ「amiy」です。)
特に使い勝手に不自由を感じたことはなく、見た目も可愛いので気に入っています。
無理にハイグレードにしなくても、これぐらいの金額であれば後で「失敗した」と感じる事はないと思いますよ。

収納で考えるシステムキッチン

収納で考えるシステムキッチン

収納がどれくらい欲しいかによっても、キッチンを選ぶ基準は変わってきます。
最後にキッチンの収納について見ていきましょう。

収納で勝るキッチンメーカーは?

収納が沢山あるキッチンと言えば、《リクシル》と《タカラスタンダード》でしょうか。
リクシルの『シエラ』は、引き出しの中に2階建てのシェルフがあり、小物系も無駄なく収納可能です。
我が家もリクシルですが、ドア部分も薄く収納があり、小さめの調理器具を入れるのに非常に便利で重宝していますよ。

また、タカラスタンダードの「アイラック」も素敵ですね。
吊戸棚の下にあり、引き出しとはちょっと違う、自分の目線に持ってこられる収納なんですが、これは確かに「あったらいいなぁ」と思いました。
キッチンは何かとモノで溢れかえる為、収納力でキッチンを選ぶのも重要ですね。
ショールームでぜひ色々と見て体感し、納得いくキッチンづくりをしてみて下さい。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン