この記事の所要時間: 237

注文住宅の価格相場について

注文住宅を建てるというのは、一生の内でも一番高い買い物の一つです。
それだけ、質の高い買い物をしなければなりませんし、出来るだけ安く済ませられるのであればそれに超した事はありません。
それで、注文住宅の価格相場というものを、ある程度知っておくのは大きな助けとなります。
建物の相場というのは、そこで使われる建築材料や設備、職人さんたちの技術などによっても異なりますので、簡単に決める事が出来ません。
質によって相当の差が出るからです。

色々な住宅メーカーの坪単価を比較してみる

そこで、大手の住宅メーカーのカタログやインターネットでの情報などを調べて、ある程度の価格相場を把握すると良いでしょう。
たいがいの場合には、坪単価という形で価格が提示されています。
自分たちの希望する家がどれ位の面積になるかを大まかに計算して、いくらになるかを調べてみましょう。
もちろん、坪単価は目安でしかありませんし、それ以上の費用がかかることが多いので、あくまで最低ラインという感覚で見ると良いでしょう。
そして、大手メーカーの場合は、全体的にコストを上手に抑えていますので、安めの相場となっているという事も覚えておくようにしてください。

地元の工務店などに依頼すると、大手メーカーよりも高くなる場合があります。
しかし、そこには細かな要望を実現できることや、より質の高い建物を建てられるなどの、お金に換算出来ないメリットがある事も忘れないようにしたいものです。

モデルハウスに行って価格と建物のレベルを確認する

大手メーカーのカタログなどを見ても、実際の家の様子を細かくチェックする事は出来ません。
そこで、自分たちのイメージに合う住宅メーカーがあったら、モデルハウスに行くようにしましょう。
モデルハウスでは、それぞれの住宅メーカーのコンセプトに基づいた家が展示されていますので、実際に建てる家のイメージがしやすくなります。
そして、選び抜かれた家具や設備が導入されていますので、設備を選ぶ時の参考になります。
その上で、営業担当者に価格を尋ねると良いでしょう。
モデルハウスのイメージをベースとして、何らかの間取りや設備を足したり引いたりすると、いくら位になるかを計算してもらう事が出来ます。

こうした価格調査をいくつかの住宅メーカーのモデルハウスで行うことによって、自分たちの希望する注文住宅の相場価格が見えてくるでしょう。
注文住宅の良い所は、希望を最大限反映出来るという事ですが、同時に実際に細かくプランを練ってみないと価格が出にくいという面もあります。
そこで、モデルハウスをイメージのベースとして計算することで、大体の相場を見る事が出来るようになります。

購入価格だけでなく手続きの費用や税金についても考える

土地を購入して注文住宅を建てるには、色々なコストがかかります。
建築を行うための手続きは沢山あり、それぞれに費用が掛かります。不動産会社への費用もいるでしょう。
また、住宅ローンの利息や税金についても考える必要があります。

【その価格本当に大丈夫?適正価格で注文住宅を行う方法】

注文住宅は状況によっても大きく費用が変わるため、相場が分かりにくいと思います。
業者によっては数百万円の差になる事も珍しくはありません。

タウンライフ家づくりでは、適正価格を知る事が出来るだけではなく、優良業者への一括見積もりを行う事が出来ます。
また、土地探しプラン、見積もり(資金計画書)などのオリジナルプランを提案してもらえるのもメリットです。

申し込み自体は約3分で終わります。

>>注文住宅の相場を確認してみる

実際にどんなプランがもらえる?

家づくりプラン